プロトコルやパケットなどについて勉強した

コネ経由でコンピュータが知見を送受信やるところ、通信の交流の次第などを定めた規約をプロトコル(情報法則)といいます。プロトコルには多くの舞台がありますが、インターネットの標準的なプロトコルですTCP/IPが大きく一般的に利用されている。TCP/IPでは、それぞれのコンピュータにIPアドレスという固有のナンバーをつけてお互いに情報を行います。現在は、IPアドレスを32ビットなどで現すプロトコルですIPv4が主流ですが、IPアドレスの欠損難題や暗号化情報の要請から、やがてIPv6に移行しつつあります。コネに訪れる知見は、プロトコルによって一定の単位に分割されて、IPアドレスをもとにコネ上の目的のコンピュータにより送られます。こういう一定の単位をパケットといいます。TCP/IPとはコネに関する多数のプロトコル群の総称のことです。WebWEBを送受信講じるHTTPや、ファイルを送受信講じるFTP、市民回線を利用してプロバイダに接続するときのログインに選べるPPPなどのプロトコルは、こういうTCP/IPを利用しています。一際細かく習得したくなりました。おまとめローン 金利安い

プロトコルやパケットなどについて勉強した

映画の「嘘を愛する女」を観に行きました!

昨日公開日を迎えた「嘘を愛する女」を観に行ってきました!
大まかなあらすじだけをチェックしてあまり内容も予習せずに観に行きました。
(ちなみに私は漫画や小説が映画化された場合は原作を読んでから観に行く派なのです)
交際していた彼がいきなりくも膜下で倒れてしまい、
同棲していた彼女が呼び出されたのですが、
住所(彼女の家)以外名前も全て仮名で、、、
という状況でした。
彼女はその真相を探るために、探偵に依頼し次々と真実がわかっていくという話でした。
私はよくある結婚詐欺師、または犯罪者だったというオチなのかなあ?と思って観ていましたが、
真相は違いました。
少しドキドキさせられるシーンもありましたが、
大切なものを気付かせてくれるようなシーンもあり
とても切なくなりました。
笑える!というシーンはほとんどないですが、
その中でも冷静にボケるシーンも少しあり
ちょっとクスっとしてしまいました。
公開されてまだ間もない映画ですので興味がある方には是非観てもらいたい作品だったと思います。

映画の「嘘を愛する女」を観に行きました!