今日でスペイン語のレッスンが最後でした。

今日は通っていたスペイン語学校の最後のレッスンでした。

初級クラスから通い始めて、3コース。
トータル9ヶ月通いました。

何もわからない状況で、アルファベットの読み方や数字の勉強から始まった基礎クラス。

それから9ヶ月経ってクラスのレベルもあがって少しは言いたいことを言えるようになりました。

でも、学校以外でスペイン語を使う機会がほとんどないので思ったほどは進歩せず。

学校や家で文法や単語の勉強をするのは大事だけど、どれだけ実際に使ってみるかが肝心だったのかを実感しました。

授業中に先生に当てられない限りは、自分から発言することはほとんどありませんでした。

積極的に発言していた、他の国の生徒さん達とはかなり実力の差を感じました。

最後に今回のコースで習った全範囲のテストがあり、その場で他の生徒さんと答案を交換して採点。
テストの点数は満足のいく点数でした。
スピーキングはダメでもペーパーではいい点数なのが日本人っぽいなと思いました。

授業の後は、先生や他の生徒さんと賑やかに写真撮影をして終わりました。

これで学校は終わったけど、引き続き自分で勉強していきたいと思います。

今日でスペイン語のレッスンが最後でした。

餃子は最近出来上がっているものを購入していますが、年末家族が会う時は手作りで楽しもうと思っています。

多くの人が好むお酒のおつまみとしても、よく合う餃子です。
私も時々食べたくなるものです。やはり「王将の餃子は人気が高いものです」美味しいですよね。

餃子の中に私は玉ねぎを刻んでいれる事で、とても美味しいと感じるのです。
内容としてはニラや白菜を入れる事も基本ともなりますが、今日知った事なのですが、湯がいた冷凍ではないおエビを入れてもとても美味しいと聞きました。

日本人はわりあい焼いた餃子を好んで食べるものとなりますが、中国人は水餃子を食べると聞いた事があります。

思ったより餃子は多くの量を作ったとしても、安い費用で作る事が出来ると思っています。
そして満腹感や満足感を感じる事もできて、栄養価も高いものと感じております。

娘などは大葉を入れての餃子をつくり、幼い子供と好んで食べているらしいのです。

最近は私等、少し餃子づくりから遠ざかっていますが、今度年末に帰省した娘達と摂るメニューの一つとして、計画しておきたいと思っています。脱毛ラボ 単発

餃子は最近出来上がっているものを購入していますが、年末家族が会う時は手作りで楽しもうと思っています。