農家民泊で日本の田舎の良さを知る旅行もおすすめです

民泊と言った言葉がここ2,3年の間でよく聞かれるようになり、インバウンドと呼ばれる外国人旅行社誘客のキーワードにも挙げられているほどです。東京や大阪の住宅やマンションの部屋を提供する民泊と違って、従来の日本の田舎の農業や漁業を営む人たちのお家に宿泊する旅行もおすすめです。

農家では収穫体験、漁師町では鰺のサビキ釣りと言った初心者でも気軽に魚釣りを楽しめるプログラムを用意しているところが特に人気です。宿泊料は民宿と同じぐらいか若干安い程度で、部屋の中に冷蔵庫があると言った完全な宿泊施設ではありませんが、田舎の良さを満喫出来るでしょう。

九州の大分や長崎、山陰では島根の浜田や鳥取などで魅力ある民泊を体験できるところがあり、口コミなどを参照にして選んでみると安心です。海の幸になるのか山の幸になるのか宿泊する地域によって異なりますが、新鮮な野菜や魚介類を味わえます。地方の暮らしや方言に触れる温かみのある旅行は、リピーターも多いことで知られています。https://www.roma2016.org/unaji-datsumo.html

農家民泊で日本の田舎の良さを知る旅行もおすすめです